[PR]

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題で、安倍晋三首相は24日午前の衆院予算委員会で、自らが「腹心の友」と呼ぶ学園の加計孝太郎理事長と頻繁にゴルフや食事をしていたことについて、「食事は先方が払うこともあった。気のおけない友人関係だ」と答弁した。首相は国家戦略特区諮問会議の議長を務める。質問した大串博志氏(民進)は加計氏の証人喚問を求めた。

 大串氏は首相が加計理事長と2013年から昨年7月まで、14回にわたり会食やゴルフなど交流を重ねていたとし、首相がいつ特区の申請を知ったかをただした。首相は「彼が私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとしたことはない。時代のニーズに合わせて学部や学科の新設に挑戦したいとの趣旨の話は聞いたことがあるが、具体的に何かをいま作ろうとしているとか、獣医学部、今治市の話は一切なかった」と答えた。(倉重奈苗)

こんなニュースも