厳重警備の北京で大規模デモ 団体代表の拘束に抗議

北京
[PR]

 中国公安当局は24日、広東省深圳の団体「善心匯」のメンバーが北京市内で違法集会を開いて社会秩序を乱したとして、集会を解散させ一部のメンバーを連行したと発表した。メンバーは同団体の代表が、マルチ商法の疑いで拘束されたことに対して抗議集会を開いたという。数千人が参加したとの情報がある。

 北京では今秋の党大会を控え警備が厳重化されていた。こうした中での大規模な抗議活動は異例。ネットの映像などによると、メンバーは市内の地下鉄の駅周辺に集まり、横断幕などを掲げて公安当局への抗議を示したという。(北京)