[PR]

 飲食店従業員の女性の顔を殴ってけがを負わせたとして、警視庁愛宕署は、住所、職業不詳の伊藤英治郎容疑者(31)を傷害容疑で逮捕し、25日発表した。女性は暴行された6日後に死亡し、署は容疑を傷害致死に切り替えて調べている。

 署によると、伊藤容疑者は4日午後10時40分ごろ、東京都港区新橋3丁目のビル内の飲食店で、この店の従業員与島稜菜(よじまりょうな)さん(19)の顔を複数回殴り、髪をつかんで引きずり、急性硬膜下血腫などの大けがを負わせた疑いがある。容疑を認めているという。

 与島さんは10日夜、搬送先の病院で死亡。2人は面識があり、トラブルがあったとの情報もあるという。