[PR]

 JR東日本秋田支社は26日、大雨による線路脇の地盤崩落で不通となっていた秋田新幹線の秋田―大曲間について、29日の始発から運転を再開すると発表した。28日までに復旧作業が完了する見込みがついた。運行本数も通常通りとなり、これで全面再開となる。

 同社によると、秋田新幹線は大雨の影響で22日午後から秋田―大曲間で運転を見合わせ、24日から大曲―盛岡間で本数を減らしながら折り返し運転をしていた。全面再開に伴い、25日から秋田―大曲間で運行していた奥羽線の臨時快速「こまちリレー号」は28日で運行を終える。(石川春菜)