[PR]

 任天堂の業績が急回復している。26日に発表した2017年4~6月期決算は、売上高が前年の2・5倍で、営業損益や純損益は、2年ぶりに黒字になった。新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調なためだ。

 売上高は1540億円。スイッチの販売台数は4~6月だけで197万台となり、「計画通り」(広報)という。本業のもうけを示す営業損益は162億円の黒字(前年は51億円の赤字)で、一時的な損失などを加味した純損益も212億円の黒字(同245億円の赤字)に転換した。

 関連会社でポケモンのブランドを管理するポケモン(東京)などから受け取る投資利益は32億円だった。配信から1年を迎えたスマホゲーム「ポケモンGO」の売り上げが大部分を占める。17年3月期は年間で202億円だったが、引き続き一定の利益を得ている。(新田哲史)