[PR]

 神戸市議会の自民会派に所属する橋本健市議(37)が政務活動費を使って、今井絵理子参院議員(33)との対談を載せた市政報告を作成し、昨夏の参院選公示日の直前に配布していたことがわかった。会派は「政活費(税金)で選挙応援をしたと誤解されかねない」と判断し、26日に2016年度の政活費の収支報告書を修正し、印刷費や郵送代などにかかった約30万円を返還する手続きをした。

 ダンスボーカルグループ「SPEED」のメンバーや歌手として活動していた今井議員は、昨夏の参院選比例区に自民党公認で立候補し、初当選した。橋本市議は今井議員と障害者をめぐる課題などについて対談した市政報告を2万部作り、昨年6月に橋本市議の選挙区の神戸市中央区などで配布したという。

 橋本市議が所属する自民党神戸市会議員団が政活費の使途を調べて判明した。安達和彦団長は「政活費で選挙応援をしたと誤解されかねないので会派として返還を決めた」と話し、26日に返還手続きをしたという。