[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)による補助金不正受給事件で、大阪地検特捜部から任意の事情聴取の要請を受けた籠池泰典・前理事長(64)と妻の諄子氏(60)は、27日午後1時過ぎ、大阪市福島区の同地検に出頭した。籠池氏は同日正午ごろ、大阪府豊中市の自宅前で報道陣の取材に応じ、「一点の曇りなく説明できるものはしていきたい」と述べ、諄子氏とともに親族の運転する車で出かけた。

 森友学園の疑惑をめぐって特捜部は、幼稚園への大阪府の補助金を不正受給した詐欺容疑と、小学校建設費への国の補助金を不正に受けた補助金適正化法違反容疑で6月、籠池氏の自宅や学園事務所がある幼稚園などを家宅捜索。特捜部は押収資料の分析を進めつつ、補助金申請を主導したとみられる籠池氏本人に経緯を確認する時機を探ってきた。特捜部は虚偽申請への意図などを確認し、立件について最終判断するとみられる。諄子氏も幼稚園の運営に深く関わっており不正への関与を確認する。

 府の補助金に関しては、幼稚園の教員の人数や、障害がある園児の数に応じて支払われた計約6200万円をめぐり、虚偽の申告をしていた疑いがある。

 また、小学校の校舎建設に対する国の補助金について学園は、金額の異なる3通の契約書を作成。国土交通省には最も高額の「23億8464万円」のものを提出し、補助金約5644万円を不正に受給した疑いがある。

 一連の疑惑の発端となった学園への国有地売却問題では、鑑定価格からごみ撤去費8億1900万円が値引きされたことが表面化。特捜部は、大幅な値引きで国に損害を与えたとする背任容疑の告発も受理して捜査中。売却にかかわった近畿財務局職員らに話を聴いた。