[PR]

山口那津男・公明党代表(発言録)

 (臨時国会に自民党の憲法改正原案が提出される前に同党と協議するかどうかを問われ)前から何度も申し上げているように、憲法審査会で憲法改正の議論を深めていく、お互いに努力するというのが連立政権の合意を作った時の対応だ。与党は内閣を支えるための枠組みで、内閣が憲法改正をテーマにしてはならない。

 憲法尊重擁護義務に縛られるというのが憲法の規定のとらえ方だから、与党の枠組みで何か憲法審査会の外で議論をする、合意を作ることは想定していない。憲法審査会でお互いに議論を深め、国民の理解を相伴うように議論を進めていく。この基本はこれからも変わらない。(党本部での定例会見で)