[PR]

 自民党の今井絵理子参院議員(比例)は27日、同日発売の週刊新潮で同党の橋本健・神戸市議との不倫疑惑が報じられたことを受け、コメントを発表した。既婚者である橋本氏との不倫関係は否定したが、「私の軽率な行動でご迷惑と心配を掛け、深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 今井氏はコメントの中で、橋本氏から「結婚生活は破綻(はたん)し、別居している。妻と離婚の協議をしている」と聞いていたと説明。交際を申し込まれたが「“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げた。今日までこの約束を守ってもらっている」と主張。「雑誌のタイトルであるような『略奪不倫』ではない」とした。

 一方で、橋本氏と2人で会う機会が多かったことは認め、ツーショット写真などが報じられたため「疑いの目を向けられることはごもっとも」とした。

 今井氏はこれに先立ち、党本部で高村正彦副総裁らに報告。面会後、記者団に「自民党が今、大変な中、私事で足を引っ張る形を取ったことも重ねておわびしたい」と頭を下げた。