【動画】「湯~園地」のアトラクションを楽しむ人たち=日吉健吾、菊地洋行撮影
[PR]

 温泉と遊園地を一体化させた「湯(ゆ)~園地(えんち)」が29日、大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」にオープンした。浴槽をしつらえたメリーゴーラウンド、温泉成分が入った泡を座席に敷きつめたジェットコースター……。訪れた人たちは厳しい暑さを吹き飛ばすかのように笑顔をはじけさせ、3日間限定の12のアトラクションを楽しんだ。

 別府市は昨年11月、遊園地を温浴施設に仕立てたPR動画をインターネット上で公開。「100万回再生されれば計画を実行する」と宣言すると、3日間で目標を達成した。同市は実行委員会を立ち上げ、今年2月から「クラウドファンディング」やふるさと納税、一般の寄付などで約8200万円を集めた。

 29日は午前7時に入園が始まり、来場者はぬれてもいい格好に着替え。午前10時までにすべてのアトラクションがスタートした。

 入場できるのは主に8千円以上の支援金を出した人たち。当日券は売られていない。別府市は計1万2千人の来場を見込んでいる。(女屋泰之)

     ◇

 〈クラウドファンディング〉 英語の「群衆」(クラウド)と「資金調達」(ファンディング)を合わせた造語。特定の使い道を示したうえで、インターネットを通じて賛同した人たちから資金を幅広く募る手法。小口でも集められることが特徴で、個人や企業だけではなく、行政の間でも広まっている。開発された商品やサービスを出資者が受けられる「購入型」▽見返りのない「寄付型」▽新興企業の未公開株などを買う「投資型」――の3パターンに主に分類される。