[PR]

 知人の女性に暴行したとして、警視庁が、サッカーJ1・ヴァンフォーレ甲府の所属選手、道渕諒平容疑者(23)を暴行の疑いで逮捕していたことが28日、同庁への取材で分かった。

 東京湾岸署によると、道渕容疑者は7月23日夕、東京都江東区青海1丁目の建物内で、20代の知人女性を殴ったり蹴ったりした疑いがある。「ささいなことでケンカになった」と話し、容疑を認めているという。

 ヴァンフォーレ甲府やJリーグのHPによると、道渕容疑者は明治大学を卒業後、今シーズンからチームに加入。ポジションはMFで、これまで10試合に出場していた。