[PR]

 温泉を浴びながら遊園地を楽しむというネット上の架空の話から始まった「湯(ゆ)~園地(えんち)」が29日、大分県別府市の遊園地「別府ラクテンチ」に開園した。大勢の客が訪れ、ボランティアが運営を支えた。うだるような暑さの中、目玉のジェットコースターは最大3時間待ちの大行列ができた。

 開園の午前7時、メインゲート前には約100人の客が集まった。東京から一番乗りした夫妻は「感動した動画の世界を肌で感じようと、駆けつけた」。ぬれてもいいようにTシャツや水着に着替え、風呂あがりのように白いバスタオルを巻く客も目立った。

 用意された12のアトラクションのうち、実際に八つに温冷泉が使われている。

 ジェットコースター(24人乗り)は、座席に温泉水を入れると重量制限を超えるため、温泉成分を含む植物性オイルの泡を開発して注いだ。動き出すと、かんきつの香りがする泡を飛ばしながら、疾走していた。浴槽つきメリーゴーラウンドを見た福岡市からの学生3人組は「動画とそっくり」と盛り上がっていた。

 運営を支えるのは、1千人近いボランティア。地元で看板会社を経営する権藤和雄さん(55)は「手伝っちゃりたい。何かせないかんち思うのは、別府の特徴かな」と週2日以上、準備に参加してきた。

 長野恭紘市長も園内で開いた記者会見で、「ボランティア一人ひとりの努力の結晶が実を結んだ」と協力に感謝していた。

 一方、隣接する大分市のこの日の最高気温は34・1度と猛暑日目前の暑さ。福岡市から家族4人で来た建設業の今村満弥さん(41)は「どの施設も2、3時間待ち。うちには就学前の子もいて暑くて待てない」とぐったりした表情だった。(加藤勝利)

地元育ちの記者、湯~園地体験

 ラクテンチで29日始まった、湯~園地。高校卒業まで大分県別府市で過ごした記者(35)が訪ねた。

 急勾配をケーブルカーで登ること3分。「いらっしゃいませ、湧いてますよ!」。掛け声とともに、黄色いTシャツ姿のボランティアらがうちわであおいで出迎えてくれた。市内の高校1年の堀亜由美さん(15)と甲斐月乃さん(15)は「純粋に楽しそうな企画だから携わりたくて」。

 園内は、人、人、人。特にジェットコースターやメリーゴーラウンドは長蛇の列ができていた。ボランティアが待つ人を水鉄砲で撃つなどして、退屈させない工夫が随所にみられた。

 ラクテンチに慣れ親しんだ者として、外せないのが「あひるの競走」だ。異なる色の首輪を付けた8羽がゴールをめざす。100円払って色を選び、1着だと記念品がもらえる。

 「前へ――、進むな」。導き役のおじさんの名調子に合わせアヒルが止まったり歩いたりすると、水着姿の観客から笑い声が上がる。観客席には、湯~園地仕様で足湯が置かれた。

 一番毛づやの良い、赤の首輪のアヒルで勝負した。勢いよくスタートを決めたが、道中に置かれたパン切れをじっくりと味わってしまい、4着。毛づやは食欲のたまものだったか……。

 入場のため事前に支払ったクラウド・ファンディングは手数料込みで、8216円。ふるさと納税の一環と思えばいいのかもしれないが、大人7400円の東京ディズニーリゾートと比べると割高感はある。

 当日券がないために行くのを断念した知人も、何人かいた。期間を延ばし、当日申し込みも可能にして、薄く、広く資金を集める方法もあったかもしれない。

 ラクテンチの開園は戦前の1929年。「戦前の別府は東洋のナポリと呼ばれ、世界周遊船が港に着き、欧米からも多くの外国人が訪れていました」と、別府の歴史に詳しい「平野資料館」の平野芳弘さん(65)。戦後も修学旅行生や団体客で、街もラクテンチもにぎわったという。

 別府商工会議所青年部OBの阿部信一さん(48)も「子どものアルバムには必ずラクテンチで撮った写真がある、と言うくらい地元でも愛されてきた」。

 だが、高度経済成長期が終わり、客足は減少。経営母体が変わったり一時休園したりしたが、地元の人たちは温かく見守ってきた。山の中腹にある巨大なネオンはかつて、夜になると、ラ、ク、テ、ン、チと一文字ずつ赤い文字がともり、逆の順で消えた。その様子から、地元では「チンテクラ」と愛着を込めて呼ぶ。

 湯~園地のおかげで、かつての輝きを取り戻した。勤続50年になるラクテンチ顧問の田辺健太郎さん(71)は「私にとってラクテンチは生きがい。今回をきっかけに、再び元気な姿を取り戻せれば」と願う。

 その思いは、別府市民もみな同じだろう。別府商工会議所観光・事業部の野口一郎部長(52)は「別府の宝。湯~園地だけで終わらせてはもったいない」。

 行政はもちろん、地元企業や市民が知恵を出し合い「チンテクラ」が愛され続けるための二の矢、三の矢を放っていってほしい。

 期待しちょんで!(西部報道センター〈福岡〉・小野大輔)