[PR]

 同居する祖母(89)を殴って殺したとして、京都府警は29日、孫で無職の辻井琢麻容疑者(36)=京都市左京区下鴨北茶ノ木町=を殺人の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め、「祖母に嫌なことを言われて、カッとなって殴って殺した」と話しているという。

 下鴨署によると、辻井容疑者は28日午後3時ごろ、自宅1階の脱衣場で、祖母の露子さんの顔などを複数回殴って殺した疑いがある。辻井容疑者は、その約30分後に「祖母を殴って殺した」と110番通報。署員が駆けつけたところ、露子さんが倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。露子さんの顔には殴られたような痕があったという。

 辻井容疑者は祖母と母との3人暮らし。事件当時、母は仕事で外出していたという。