[PR]

 民進党の蓮舫代表は30日、代表の辞任表明から初めての表舞台となる党大阪府連大会に出席。「ひとえに私の力不足、統率力のなさ。猛省をしたい」などと弁明したが、突然の表明に批判の声も上がった。

 蓮舫氏は「出直し、足らざる部分をしっかりと学びながら、民進党を皆さんに選んで頂けるための最大限の努力を一議員として行っていきたい」と述べた。一方、平野博文・府連代表は「党員・サポーターを含めて選んだ代表が軽々に辞めるのはいかがなものか。極めて残念だ」と指摘した。

 蓮舫氏は大会後、記者団から後任を決める代表選について問われ、「民進党は何を基軸にするのか、お友達を優遇する安倍内閣を批判するのであれば、我々は誰への政治を行っていくのかが見える議論をして頂ければと思う」と述べた。(中崎太郎)