[PR]

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野8丁目の若松公園で、小学5年の男児(10)が毒を持つヤマカガシとみられるヘビにかまれ、救急搬送された。県警によると、男児は一時意識不明に陥ったが、回復した模様という。

 伊丹署などによると、男児は公園で友人と遊んでいる途中に右手首をヘビにかまれた。帰宅後も出血が止まらず、頭痛を訴えたため、母親が午後8時ごろ、119番通報して病院に運ばれた。

 ヘビは一緒に遊んでいた友人らが捕まえ、男児の母親が30日朝、署に連絡してヘビを引き渡したという。体長は50センチ前後とみられる。

 現場は伊丹市北部の住宅地にある公園。すぐ西側に川が流れ、周囲には民家や市営住宅が立ち並んでいる。