[PR]

 天理市の並河健市長(38)が公務出張中に派遣型風俗店を利用したとする記事を、31日発売の週刊新潮が掲載した。同日、市役所で会見した並河市長は「市民や市職員、家族の信頼を傷つける行動をとってしまったと深く反省しています」と謝罪した。

 週刊新潮は、並河市長が予算の陳情などで今年2月と6月、東京に出張。宿泊したホテルに風俗店の女性を呼んだなどと報じた。

 並河市長は「公務は、誠実に行った。合法的なサービスだが、道徳的に適切でなかった」と話した。

 並河市長は東大法学部を卒業後、外務省に入省。電通に勤めた後、2013年の同市長選に無所属で立候補し、初当選した。

 今月24日に告示される市長選にすでに立候補を表明していた。会見で「途中で投げ出すことなくしっかりと取り組んでいきたい」と述べ、立候補を取りやめない意向を示した。(青山祥子)