[PR]

 小野寺五典防衛相とマティス米国防長官が31日の電話協議で自衛隊と米軍の共同訓練を強化していく方針を確認したのを受け、自衛隊と米軍は同日、九州西方の空域で共同訓練を実施した。弾道ミサイルの発射を続ける北朝鮮に圧力をかけるため、日米の強い連携を示す狙いがある。

 防衛省によると、参加したのは、航空自衛隊のF15戦闘機2機(新田原基地所属)、米空軍のB1B戦略爆撃機2機(米領グアム・アンダーセン空軍基地所属)、米海兵隊のF35B戦闘機4機(岩国基地所属)。F15とB1Bの共同訓練は頻繁に実施されているが、レーダーに映りにくいステルス機能を持つ最新鋭のF35Bが加わった共同訓練は初めて。F15とF35BがB1Bを護衛する編隊を組んで飛行した。(土居貴輝)

こんなニュースも