[PR]

 1日、新橋演舞場で初日を迎えた名作「にんじん」。同作は大竹しのぶさんが22歳で演じた伝説のミュージカルで、今年、還暦を迎えた大竹さんが38年の時を経て再び主人公の少年役に挑むことが大きな話題になっていました。

 同時に、その大竹さんの兄役が中山優馬くんであることに、優馬くん本人も、ファンの皆さんも驚いていたことでしょう。ちなみに大竹さんの姉役は秋元才加ちゃんです。優馬くん同様、才加ちゃんも最初、「聞き間違いだと思った」といいます。

 さて、近年の優馬くんは「舞台人」といってもいいほど、舞台上で華麗なる活躍をしていらっしゃいます。

 2015年には「ドリアン・グレイの肖像」で初の単独主演を務め、「DREAM BOYS」「それいゆ」「クロスハート」などに出演。この6月には市川海老蔵さんの自主公演「ABKAI2017」に参加していました。

 皆さんご存じのように、この舞台の千秋楽前、海老蔵さんの奥さまでキャスターの小林麻央さんがお亡くなりになりました。優馬くんにとっては初めて歌舞伎に挑戦したことから初めて尽くしであったうえ、共演者の1人として、共に麻央さんの全快を願っていたことが想像できます。もっとも近くにいた1人として、優馬くんも、色々な思いがあったことでしょう。

 あれから約1カ月。「にんじん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも