[PR]

 自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして、警視庁が、写真家の釣崎清隆容疑者(50)=東京都世田谷区豪徳寺1丁目=を覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したことが3日、同庁への取材でわかった。

 池袋署によると、釣崎容疑者は7月24日、自宅アパートで、靴の中に覚醒剤約1グラムを入れていた疑いがある。容疑を認め、「中南米で麻薬組織を取材した時に勧められ、覚醒剤を使い始めた。帰国後も使っていた」と話しているという。署は同法違反(使用)容疑でも調べる。

 釣崎容疑者は、中南米や東南アジアなど海外の紛争地や事件現場を中心に取材しており、複数の写真集や著書を出版している。