[PR]

 4日午後7時半ごろ、さいたま市南区のJR武蔵浦和駅で、痴漢行為を疑われた男がホームから飛び降り、線路上を逃走した。浦和署が鉄道営業法違反などの疑いで男の行方を調べている。

 署によると、男数人が埼京線の電車内で20代女性の体を触ったとして周囲の乗客にとがめられ、武蔵浦和駅で降車。男らはその後、ホームで逃走し、うち1人が線路上に飛び降りて隣駅の中浦和駅の方向へ向かったという。この男は20~30代ぐらいで身長約175センチの細身、紺色のポロシャツにスラックス姿だった。ほかの男も逃げたままで、行方は分からないという。

 この影響で、埼京線には遅れが出た。