[PR]

介護と医療の足元で:3(マンスリーコラム)

 「介護保険サービスを上手に使おう……」とか、「あなたなら、介護保険サービスをこれだけ使える……」といった言葉を聞くことがある。介護保険に精通した人や、仕事で介護にかかわる人たちからだ。

 さらにこの上をいくのが、自己負担で介護保険の適用外のサービスを利用する人たちだ。確かに保険料や自己負担分を払っているのだから、目いっぱい使った方がお得なのかもしれない。ただ私は、自己負担分があるとはいえ、多少の違和感も覚える。

「フレイル」と「サルコペニア」

 先日、埼玉県のベッドタウンにある実家で、80代前半の父と70代後半の母と話した。

 父「この前、ぬれ縁から家の外に出ようとしたとき、バランスを崩してコンクリートにひざを打った。歩けなくなってきたのかな」

 母「車の乗り降りが大変。お父さんを乗せようとしても、足が上がらないんだよね」

 さらに聞くと、父は、庭の踏み石につまずくと感じ、木の根で盛り上がった踏み石の高さを調節しようと、炎天のもと、地面に座って作業をしたらしい。外出先から戻った母が、「暑い中、しなくていいじゃない。朝や夕方やればいいのに」と、近所に聞こえるほどの声で怒ったことも分かった。

 父は脳梗塞(こうそく)の後遺…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら