[PR]

 会議や講演の言葉を拾い、即座に文字に変換したり翻訳したりして表示するスマートフォンやタブレット端末向けアプリがある。東京のベンチャー企業が開発した「UDトーク」だ。聴覚障害者や外国人を交えたコミュニケーションに役立つとして、自治体や学校、企業で導入が広がっている。会話を取材記録として残すのが常の記者も仕事に使えるかも知れない。どんなアプリなのか、品川区の区民会館「きゅりあん」が導入した際の説明会を取材した。

     ◇

 品川区の担当者が説明会で示した使い方はこうだ。

 事前にアプリをiPadにイン…

この記事は有料会員記事です。残り2200文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも