[PR]

 左上腕などをけがしている大相撲の横綱稀勢の里が夏巡業に途中出場することになった。8日、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明らかにした。10日に茨城県日立市である「大相撲日立場所」から合流する。

 稀勢の里は4月の春巡業を全休しており、1月の横綱昇進後では初の巡業出場となる。東日本大震災からの復興を祈願して岩手県釜石市で14日に行われる横綱土俵入りには、白鵬とともに参加する。