[PR]

 日本の大学や研究機関が2013~15年に発表した論文数が10年前に比べて6%減少し、米国に次ぐ2位から中国、ドイツに抜かれて4位に後退したことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査でわかった。

 同研究所は、米国の論文データベースから科学技術論文を抽出し集計。日本は研究開発の国際競争力を示す指標の一つ、論文数で03~05年には、米国に次ぐ2位(年平均6万7888本)だったが、13~15年には米国、中国、ドイツに次ぐ4位(同6万4013本)に後退した。

 研究開発費の多い7カ国で見ると、論文数が減ったのは日本だけで、他の6カ国(米国、中国、ドイツ、韓国、フランス、英国)の論文数はいずれも増加した。特に中国は約4・2倍、韓国は約2・2倍に増えた。他の論文に引用され、注目度の高い論文数でも10年間で4位から9位に低下した。

 日本の研究開発費(15年)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら