[PR]

 公式戦29連勝の新記録をつくった将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が15日、8大タイトル戦の一つ、王位戦の予選トーナメント1回戦で小林健二九段(60)に勝ち、2回戦進出を決めた。通算成績は36勝3敗となった。

 来年夏の七番勝負の挑戦者を決める戦いの初戦で、大阪市福島区の関西将棋会館で対局があった。今年の七番勝負は現在、羽生善治王位(46)と挑戦者・菅井竜也七段(25)で争われている。

 この日、藤井四段は序盤から巧みな指し回しをみせ、故・板谷進九段一門の先輩にあたる小林九段を押し切った。終局後のインタビューで「序盤に一歩得になったが手損も大きく、中盤は難しかった。最後になって勝ちが見えた。王位を目指して一局一局がんばりたい」と話した。気合を入れようと和服で対局に臨んだ小林九段は「途中盛り返せるかとも思ったが……強いですね。来月も対局があるので、次は勝ちたい」と語った。

 藤井四段は昨年12月のデビュー戦から今年6月まで公式戦負けなしの29連勝を達成。新人ながら30年ぶりに歴代1位の連勝記録を塗り替えた。

 次の対局は22日。朝日杯将棋オープン戦の1次予選2回戦で、大石直嗣六段(27)と対戦する。勝てば午後2時からの3回戦で竹内雄悟四段(29)と戦う。(野波健祐)