[PR]

 韓国のソウル市内を循環するバスの座席に、慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカが設置されたことについて、菅義偉官房長官は14日のBSフジの番組で、「北朝鮮問題を抱えて、日米韓で連携して対応しなければならない時に極めて残念」と述べた。

 菅氏は、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的な解決」とした2015年末の日韓合意を挙げ、「合意はしっかり守っていく。国際社会に対しての約束だ」と述べ、韓国に合意の実行を求めた。バスへの少女像の設置が日韓合意に反するかどうかを問われると、「発言する気にもならない」と不快感を示した。

こんなニュースも