[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は14日、同国で弾道ミサイルを担当する戦略軍司令部を視察した。朝鮮中央通信が伝えた。正恩氏は軍事衝突を防ぐ条件として、米国が挑発をやめるよう求めた。緊張緩和に触れた発言は初めてで、米朝の対立が一時的に沈静化に向かう可能性が出てきた。

 米韓両政府は、北朝鮮が米韓との戦力の差を十分に認識していると判断。宋永武(ソンヨンム)国防相は14日の国会答弁で、北朝鮮が実際にミサイルを発射する可能性について「相当低い」と述べていた。ただ、米韓は21日から始める合同軍事演習の規模は縮小しない考えで、緊張状態は当面続きそうだ。

 同通信は新型の中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」をグアム島の周囲に撃ち込む準備が終わり、正恩氏の命令を残すだけだとした。

 同通信によると、正恩氏は「米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも