[PR]

 安倍晋三首相は終戦の日の15日午前、東京・九段北の靖国神社に代理を通じて私費で玉串料を奉納した。代理を務めた柴山昌彦・自民党総裁特別補佐によると、「自民党総裁」の肩書で納めたという。首相から「きょうは参拝に行けずに申し訳ないけれども、しっかりお参りをしてほしい」と託されたという。