写真・図版

[PR]

文化の扉

 雑誌グラビアにキラッキラの男女がずらり。いまや人気声優はライブでも1万人規模のファンを集める。ぐいぐい表に出るようになった声優は中高生のあこがれの仕事でもある。狭き門のいま、さぐってみたい。声優の魅力って何だろう。

 小野大輔さん、鈴村健一さん、森久保祥太郎さん、寺島拓篤(たくま)さん……。富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)で7月15、16日、人気声優が歌いまくった。4人がホストを務める音楽の祭典「おれパラ」10周年の野外フェスティバル「ORE!!SUMMER」だ。

 声優が登場するたび、「きゃあ~」。集まったファンは2日間で2万6千人に上る。ゲスト出演したおれパラ立案者、岩田光央さんは子役から40年。「声優の認知度が格段にあがった」

 アニメで人気が出るとCDが出せ、ラジオのパーソナリティーになり、イベントで脚光を浴び、雑誌のグラビアを飾る。いわゆる顔出しが増えた。

写真・図版

 ここ数年は男性声優が熱い。最近続々出た声優雑誌は男性にスポットをあて、ファンの心をくすぐる。一昨年創刊した「声優男子。」の編集者は言う。「彼らが演じるキャラクターは中高生や若者で、本人は30~40代のおとな。キャラと素顔の両方に、ファンはひかれるのでは」

■自称含め3千人がひ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら