[PR]

 豊洲市場(東京都江東区)に移転した後の築地市場跡地(中央区)の再開発について、東京都が早くても4~5年後の着工を見込んでいることがわかった。着工前に①土壌汚染調査②埋蔵文化財調査③環境アセスメント――などの作業が必要で、土壌汚染や埋蔵文化財が見つかった場合は着工がさらに遅れるという。

 小池百合子知事は6月、「5年後をめどに再開発」との方針を発表したが、5年後に工事着工なのか完了なのかを明言しなかった。「5年後の工事完成」に期待する市場業者もおり、都が示す今後のスケジュールが注目されている。

 小池氏は28日に都議会臨時会を招集し、築地再開発に向けた検討費約2千万円を含む補正予算案を提出する予定。予算成立後、有識者らの会議が設置され、再開発の具体的な検討に入る。