【動画】初盆を迎えた故人の霊を弔う「精霊流し」=田部愛撮影
[PR]

 初盆を迎えた故人の霊を見送る「精霊(しょうろう)流し」が15日、長崎県内各地であった。遺影のほか、花やちょうちん、故人が好きだったものなどで飾り付けられた木造の船を、家族や友人らがひきながら街中を練り歩いた。長崎市内では時折、激しい雨が降るなか、爆竹や銅鑼(どら)、鉦(かね)の音が響き、車両が通行止めになった道路沿いは見物客らであふれた。(田部愛)

関連ニュース