[PR]

 米東部バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義を掲げる団体と反対派が衝突した事件で、トランプ米大統領は15日、「両者に非がある」と語った。事件直後、トランプ氏は白人至上主義団体を名指しで非難しなかったことで世論の批判を浴びたが、今回の発言も白人至上主義団体をかばうようにも受け取れ、さらなる波紋を呼びそうだ。

 ニューヨークのトランプタワーで、インフラ整備に関する記者会見の場で語った。トランプ氏は事件が起きた12日、「各方面による憎悪や偏見、暴力を可能な限り最も強い言葉で非難する」と述べたが、白人至上主義者の団体を批判せず、14日にようやく名指ししたうえで「人種差別は悪だ」と述べた。15日の会見で記者団から遅れの理由を問われると、「事件が起きたばかりで、事実を知りたかった。拙速に声明を出したくなかった」と弁明した。

 極端な右派思想を持つ集団「オルト・ライト」との関係を問いただされると、トランプ氏は「『オルト・ライト』の定義は何だ? ならば、突撃してきた反対派の『オルト・レフト』はどうだ? 彼らに罪はないのか?」と述べ、反対派の人々を極右と対比させるかのように「オルト・レフト」という新しい言葉を使って非難。極左思想の集団と決めつけ、「反対派はゴルフクラブを振り回していた。彼らに問題は無いのか」などと語った。

 また、白人至上主義の団体が、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら