[PR]

 路上で覚醒剤を所持していたとして、警視庁が埼玉県所沢市の市立中学教諭、池上公一容疑者(27)を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。池上容疑者は「使う目的で持っていた」と供述しているといい、同庁は覚醒剤の使用についても調べる。

 捜査関係者によると、池上容疑者は13日午前2時ごろ、東京都新宿区北新宿1丁目の路上で、微量の覚醒剤を持っていた疑いがある。警察官が職務質問し、所持品の中から覚醒剤を見つけたという。