【動画】五箇山の相倉集落は世界文化遺産に登録された合掌造り集落の一つ=稲垣大志郎撮影
[PR]

 「世界遺産に暮らす」のはどんな感覚なのか、体験してみたかった。今回、このテーマを選んだ理由のひとつでもある。

 記事で主に取り上げた相倉(あいのくら)集落には六つの民宿がある。私が泊まった「勇助(ゆうすけ)」は集落入り口付近にある、どっしりと風格のある合掌造りだ。宿泊しなくても有料(大人300円、子ども100円)で内部を見学できる。一方、別の日に宿泊した「与茂四郎(よもしろう)」は、勇助に比べるとこぢんまりしているものの、家の周りがきれいに手入れされ、どこかおしゃれさも感じさせる合掌造りだ。同じ合掌造りでもそれぞれ個性がある。

 勇助のご主人、池端滋さん(75)には、合掌造りの歴史や構造、むかしの暮らしぶりなど、たくさんお話をうかがった。たとえば、合掌造りの1階は加賀藩の宮大工が手がけ、2、3階は集落の人たちがつくり上げた「コラボ建築」だということ。家屋には一切、釘は使われていないこと。池端さんも子どもの頃、養蚕を手伝っていたこと……など。

 池端さんもしばらくこの家を離…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース