[PR]

 世界初の月面探査レースを主催するXプライズ財団と米グーグルは16日、参加チームによる探査車の月面走行などの達成期限を2018年3月31日にすると発表した。レースは日本のチームHAKUTO(ハクト、袴田武史代表)など、5チームが競っている。

 同財団などはこれまで、今年12月31日までにロケットを打ち上げることを条件としていたが、この期限は撤廃した。

 このほか中間賞として、月の周りを1周するか月面に到達できれば「月到着賞」(賞金約1億9千万円)を、さらに月面に軟着陸した場合は「ソフトランディング賞」(賞金約3億3千万円)を贈ることも発表した。同財団の担当者は「月面レースで起こる、大胆な技術的功績に向けた真剣な取り組みに興奮している」としている。

 月面探査レースは、民間による宇宙開発の普及をねらい、07年9月にスタート。最も早く月面を走って画像を送ったチームには賞金約22億円が贈られる。10年までに世界34チームが参加を表明し、現在は日本、インド、米国、イスラエル、多国籍の5チームが残っている。

 ハクトは「引き続き、レースの期限内に日本初の民間月面探査という目標の実現に向けて、活動を続けていく」としている。