[PR]

 日米両政府は17日午前(日本時間同日深夜)、米ワシントンで外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を開催した。弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を強く非難し、圧力をかけ続ける方針を確認。安全保障関連法に基づき日米の防衛協力や日本の防衛能力を強化することでも一致し、自衛隊と米軍の一体化をさらに進める考えだ。

 日米2プラス2は2年4カ月ぶりの開催で、トランプ政権発足後初めて。日本は河野太郎外相と小野寺五典防衛相、米国はティラーソン国務長官とマティス国防長官が出席した。

 4閣僚は会合後に記者会見し、共同発表を行った。米国の核戦力を含め、日米同盟が日本の安全に貢献していることを再確認。北朝鮮について「最も強い表現で非難」と明記し、「脅威を抑止し、対処するため、同盟の能力を強化する」と強調した。

 北朝鮮に核・ミサイル開発計画を断念させて非核化を実現するため、各国と協力して「圧力をかけ続けること」でも一致。北朝鮮に影響力を持つ中国が「一連の行動を改めさせるよう断固とした措置」をとるよう強く促した。

 中国に対しては、東シナ海や南シナ海への海洋進出に懸念を表明した。2016年8月に中国漁船が尖閣諸島(沖縄県)周辺海域に大挙して来た状況に触れつつ、米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が尖閣に適用されると改めて確認。中国が軍事拠点化を進める南シナ海については、「現状を変更し、緊張を高める、威圧的な一方的行動への反対」を再確認した。

 2プラス2では、昨年3月の安…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら