【動画】米ルイジアナ州での実験では、尿の成分を染み込ませた濾紙を放し飼いネコがかいだものの、マーキングせずに立ち去った=岩手大・宮崎雅雄准教授提供
[PR]

 猫の尿の成分を塗っておくと、ほかの猫たちが糞(ふん)や尿を残さないことを岩手大学の宮崎雅雄准教授ら日米の研究チームが見つけた。犬のように自分の尿をかぶせず、猫はその場を離れる傾向があった。公園の砂場や家の玄関などでの猫の糞尿被害防止につながると期待される。

 チームによると、猫が嫌がる臭いの忌避剤は市販されているが、慣れると効果が薄れるなどしていた。

 チームは2009~12年、米ルイジアナ州や盛岡市の住宅街など計5カ所で、猫の尿から抽出した成分を染みこませた濾紙(ろし)を貼り、野良猫など計15匹の夜の行動を数カ月間、ビデオで観察した。いずれの猫も臭いに引き寄せられて濾紙を嗅ぐ頻度が大幅に増えたが糞尿せずに立ち去った。

 今後、人が困る場所で猫に糞尿…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら