[PR]

 米国ハワイ州の米国人女性が、約70年前に自分と一緒に写真に写った日本人の女の子を捜している。撮影したのは、連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官のダグラス・マッカーサー付広報官だった父親だ。

 女の子を捜しているのはマウイ島に暮らすドナ・ハワードさん(74)。父親の故ウォルター・ペニーノさんは陸軍中佐で、占領下の日本で父、母、弟の家族4人で暮らした。住まいは、現在の代々木公園や国立オリンピック記念青少年総合センターなどの一帯にあった米軍の家族向け住宅地「ワシントンハイツ」にあった。ドナさんは日本語を話していたという。

 約10年前にハワイ大学に寄贈した父親の写真コレクションが東京都千代田区の「昭和館」で29日から展示されることになり、「彼女が日本にいるかどうかもわからないが、ぜひ再会したい」との思いを募らせた。

 撮影時期は不明だが、ほぼ同じ構図の絵が1948年発行の婦人雑誌「主婦之友」新年号の口絵として描かれており、来日した47年とみられるという。

 ドナさんから依頼を受けた「昭和館」では、従軍画家としても活動し、写真をもとに雑誌の口絵を描いた伊原宇三郎の絵画を所蔵する徳島県立近代美術館にもあたったが、手がかりはつかめなかった。

 少女の記憶はほとんどないが、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら