[PR]

 スペイン北東部バルセロナでバンが歩道に突っ込んで13人が死亡した17日夕(日本時間18日未明)のテロに続き、18日未明、約120キロ離れた別の街でも車が市民らに突っ込み、女性が死亡した。イスラム過激派による犯行とみられる一連の事件の犠牲者は計14人、負傷者は130人を超えた。地元警察は18日の記者会見で、同一グループの組織的犯行で、爆発物を使った大規模なテロが失敗に終わったため、車を凶器に使ったとの見方を示した。

 新たな突入事件は、バルセロナの南西約120キロにあるカンブリルスで起きた。地中海沿いのビーチリゾートだ。散歩していた市民やパトロール中の警官に車で突っ込み、刃物も振り回したとされる。警官が銃撃するなどして容疑者5人を殺害、制止したものの、女性が死亡し、数人が負傷した。身につけていたと伝えられた自爆ベルトは偽物だったという。

 バルセロナの繁華街ランブラス通りで起きた事件では、犯行に使われたバンから身分証が見つかったモロッコ人の男やその友人ら3人が逮捕された。だが実際に運転していたのは身分証の男の弟とみられている。行方は分かっていない。

 地元当局は、死傷者の出身地は34の国・地域にのぼると発表した。現地の日本総領事館によると、18日午後5時半(日本時間19日午前0時半)時点で、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 地元警察によると、伏線となっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも