三宅幸夫さん(みやけ・ゆきお=慶応大名誉教授・音楽学、日本ワーグナー協会理事長)が14日、肝硬変で死去、71歳。葬儀は近親者で営む。喪主は妻泰子さん。後日、日本ワーグナー協会主催のお別れの会を開く。

 音楽評論家としても活躍。著書に「菩提樹(ぼだいじゅ)はさざめく」「スフィンクスの嘆き バッハの生涯と作品」など。