[PR]

両親の介護と仕事と認知症:3(マンスリーコラム)

 母は1927年生まれで、もうすぐ90歳になる。今年1月、約3年間暮らした徳島県の有料老人ホームから、自宅に近い兵庫県西宮市内の特別養護老人ホームに移った。

 私は7年ほど前から毎年、西宮市内の特養4~5カ所に、父と母2人分の入居申込書を送り続けてきた。しかし、どこからも返事はなく、父は2年前に亡くなった。昨年末、やっと現在の特養から空きができたと連絡があった。

 母はいま要介護4。面会に行くと、私のことはかろうじてわかるようだが、妻のことはわからない。

 母は昔から「健康オタク」的なところがあって、雑誌やテレビで体にいいということを積極的に試してきた。私が小学生の頃、健康食品をせっせと買っていたのを覚えている。そのかいあってか、これといった大病をすることもなく年をとった。

 徳島のホームに入所した頃は要介護1。認知機能が著しく低下していると感じたことはなかった。

 母は骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が原因で98年、右股関節に人工股関節を装着する手術をした。それ以来、体を前にかがめるのが不自由になった。靴下の履き替えは父に手伝ってもらい、床の上のものは火ばさみを使ってつかんだ。それでも普段の生活に支障はなく、1人で近所のスーパーへ買い物に行き、食事も作っていた。

骨折で入院して

 ところが2010年、雨の日に買い物に出かけ、ぬれた床に足を滑らせて転倒。大腿(だいたい)骨を骨折した。救急車で西宮市内の病院に運ばれ、プレートで骨を固定する手術を受けた。手術自体はいたって簡単に終わり、後は回復を待つだけという段階で「事件」が起きた。

 昼間は問題ない。しかし夜にな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら