[PR]

 シンガポール沖で21日午前5時24分ごろ(日本時間同日午前6時24分ごろ)、米誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」がリベリア船籍のタンカーと衝突した。米海軍によると、乗組員5人が負傷、10人が行方不明。シンガポール海軍の艦船やヘリコプターなどが捜索・救難活動にあたっている。駆逐艦は左舷に損傷を受けたが自力航行が可能だという。シンガポール政府によると、タンカーの乗組員にけがはなく、積んでいた石油が漏れたとの情報もないという。

 同駆逐艦は第7艦隊に所属し、横須賀基地を母港としている。今月10日には、南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島周辺で、中国が領有権を主張して軍事拠点化を進めていることを牽制(けんせい)するため、「航行の自由作戦」を行っている。

 第7艦隊では6月にも、イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」が静岡県の伊豆半島沖でコンテナ貨物船と衝突し、乗組員7人が死亡する事故があった。(シンガポール=守真弓)