[PR]

 愛知県警は21日、長女を十数回殴ってけがを負わせたとして、名古屋大学大学院医学系研究科教授で歯学博士の日比英晴容疑者(54)=名古屋市瑞穂区川澄町1丁目=を傷害容疑で逮捕し、発表した。「殴ったことは間違いないが、十数発も殴っていない」と容疑の一部を否認しているという。

 瑞穂署によると、日比容疑者は20日午後9時55分ごろ、名古屋市の自宅で、会社員の長女(23)を十数回たたき、頭や顔などに2週間程度のけがを負わせた疑いがある。

 署は、家庭内のトラブルが原因で立腹したとみて、詳しい動機を調べている。