[PR]

【2006年8月7日夕刊3面】

 【フェアバンクス〈米アラスカ州〉=谷口哲雄】ボロボロに朽ち果てた針葉樹が、地面に突き刺さった無数の針のように立ち尽くしている。米国アラスカ南部のキナイ半島上空を飛ぶと、虫害で立ち枯れた森が見渡す限り広がっていた。地球温暖化の影響によるのか、害虫の生活サイクルが変わったことが一因とする見方も出ている。

 「膨大な量のまきがあるようなもの。落雷で簡単に火がつき、あっという間に燃え広がります」

 本社機「あすか」から虫害の現場を見た財団法人リモート・センシング技術センター(東京)の上林徳久・主任研究員(森林科学)は話す。

 キナイ半島は、アラスカの中でも虫害が深刻な地域。原因はキクイムシの一種だ。体長8~9ミリの甲虫で、樹皮の下に潜り、食い荒らす。

 キナイ郡の資料によると、これまでに東京都の約2倍に当たる4400平方キロが虫害を受けた。アラスカ全域で1万6千平方キロに及ぶという。

 米農務省森林局フェアバンクス事務所のジェームズ・クルーズ博士(昆虫学)は「もともとキクイムシは成虫になるまで2年かかるが、温暖化の影響か、80年代後半から1年に縮まり、成虫の活動期間が延びて被害が広がった」という。

 虫害はアラスカ南部が中心だが、北海道大などの森林火災調査班が中部のフェアバンクス近郊でも被害を確認。キナイ半島とは別種のキクイムシが原因だ。火災で痛めつけられた森林が標的になっている可能性が高い。

 火災で衰えた森林が虫害に遭い、さらなる火災を招く。温暖化を加速しかねない悪循環を断ち切る妙手は、今のところ見つかっていない。

こんなニュースも