[PR]

【2006年9月4日朝刊28面】

 夏のアラスカは、光と色彩であふれている。

 深緑のタイガ(針葉樹林)、ピンクのじゅうたんを広げるヤナギラン。エメラルドの海に注ぐ白い大氷河。森が焼けた跡の黒や茶は、ちょっぴり悲しい色合いだ。昼の強い日差しで川面はまばゆく輝き、真夜中の太陽は大地をあかね色に柔らかく染め上げる。

 北海道大を中心とする森林火災の調査班に同行し、7~8月にアラスカを訪れた。本社機「あすか」は研究者を乗せて火災現場や焼け跡を飛ぶ一方、北極域の自然が織りなす造形美をとらえた。

 森林火災に遭うと、タイガの代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも