[PR]

 日本たばこ産業(JT)は22日、フィリピンのたばこ大手から、たばこ関連事業の資産を総額1178億円で買収すると発表した。買収するのは、フィリピン市場でシェア2割で、同国2位の「マイティ・コーポレーション」の資産。同社の売上高は約420億円。JTはたばこのブランドと製造設備、流通販売網を取得する。国内のたばこ市場は縮小しており、新興国での事業を拡大する。

 JTによると、2017年の国内でのたばこ販売は民営化後初の1千億本割れとなる見通し。JTは煙を出さない新型たばこの普及と海外シフトを加速している。(和気真也)

こんなニュースも