[PR]

 トランプ米大統領は22日、アリゾナ州フェニックスでの演説で、北朝鮮問題について「金正恩(キムジョンウン)氏は今、米国のことを尊重し始めている。おそらく、前向きなことが起きるのではないか」と語った。

 ティラーソン国務長官も22日の記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイル発射などの挑発を一時的に停止していることについて「喜ばしい」と歓迎し、将来の対話の可能性に期待を示した。

 ティラーソン氏は「ミサイル発射や挑発的行為がないことは注目に値する」と述べた。国連安全保障理事会が今月5日に新たな制裁決議を採択した後の北朝鮮の行動を評価した。

 さらに「平壌(北朝鮮)の政権…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら