[PR]

 埼玉県熊谷市や前橋市の総菜店「でりしゃす」で買ったポテトサラダを食べた人が下痢や腹痛を訴えた問題で、群馬県高崎市保健所は23日、腸管出血性大腸菌O(オー)157が検出された人たちが食べたものと同じ、今月6、7両日に市内の食品加工会社から出荷されたポテトサラダの残りを検査した結果、O157は検出されなかったと発表した。

 埼玉県内では、「でりしゃす」系列の総菜店でポテトサラダを買って食べた4~69歳の男女計13人が下痢や腹痛などを訴え、うち9人の便からO157が検出された。また、前橋市保健所などによると、群馬県内でも、ポテトサラダを食べた後に発症し、O157に感染していた人が3人いることがわかった。発症者は2県で計16人になった。埼玉県で意識不明だった女児(5)は、県によると、家族の呼びかけに応じるようになったという。

 高崎市保健所によると、同加工会社が6、7日に出荷したポテトサラダは各約300キロで、一部を保存していた。埼玉、群馬、栃木3県にある系列34店舗に出荷され、少なくとも4店舗で発症者が出ている。

 ポテトサラダの主な原材料はジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら