[PR]

 24日午前6時ごろ、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、普天間飛行場の辺野古への移設工事に反対する抗議活動に参加するため縁石に座っていた男女2人が車にひかれ、女性は足の骨が折れる大けがをした。車は南の方角へ走り去り、県警はひき逃げ事件として捜査している。

 県警によると、ゲート前の国道329号で、沖縄市の女性(83)と大阪市の男性(69)が車道に足を出して縁石に座っていたところ、車に足をひかれた。女性は左足を骨折し、男性は左足に切り傷を負った。現場は片側1車線の見通しのよい直線道路という。