[PR]

 有名飲食店の予約のドタキャン、買い取ります――クレジットカードのダイナースクラブカードは24日、そんなサービスを始めた。インターネット予約の普及で直前や無断でのキャンセルが増える傾向にある。ダイナースが、キャンセルで出た空席を飲食店から買い取り、富裕層が多い会員向けに販売する。

 ダイナースは、買い取った空席情報をすぐに、無料通信アプリ「LINE」を通じて通知。希望者が、専用のサイトから予約・決済するしくみだ。ダイナースの国内会員約70万人の特典として運営する。

 通常でも予約の取りづらい東京都内の高級飲食店16店舗でスタート。1年後には、東京を中心に大阪、京都の有名飲食店100店に対象を増やす。

 カードを発行する三井住友トラストクラブによると、ネット予約が広まった近年は予約の1~3%程度がキャンセルされ、食材などの損失額は年間750億~2千億円にのぼるという。

 同社の担当者は「ダイナースの会員には富裕層が多く、食に対する関心も高い。そもそも予約の難しい有名店が対象なので、買い取った空席はしっかり販売できる」と話す。(久保智)